「キーチェーン(Keychain)」についての問題 – FAQ

概要&問題に深入りしたくない人に向けた簡単な心構え

パスワードを変更したときにMac環境にログインしようとすると「キーチェーン(Keychain)」についての画面が出ます。このとき「新しいキーチェーンを作成(Create new keychain)」を選べばそれで終わります。

参考:http://www.ecc.u-tokyo.ac.jp/announcement/2010/04/09_1301.html

そもそもKeychainとは?

HWBの解説参照。

問題が起きた場合

もし「キーチェーンのロック解除」画面が出た場合、以前のパスワードを入力してください。その後公式アナウンスを参照してください。

ただし、変更前のパスワードを覚えていない場合は、公式の FAQ に従っても問題を解決することができません (2015年10月現在) 。「キーチェーンアクセス」からログインキーチェーンを削除しても、”ローカル項目” という別のキーチェーンが残ってしまうためです(下記参照)。この場合は、キーチェーン “ローカル項目” のロック解除を要求されるに従って、 ~/Library/Keychains/ の中身を削除もしくは退避させてください。

「”Messages Agent” がキーチェーン “ローカル項目” を使おうとしています。」などと表示された場合

キーチェーン “ローカル項目” はログインキーチェーンのように削除できないので、個別の対応が必要となります。こちらの場合もやはり、キーチェーン “ローカル項目” のロック解除を要求されるをご覧ください。

相談員向け

相談員のアカウントからコマンドラインを使って他の利用者のアカウントにログインし、キーチェーンを操作することもできます。

[相談員向け] キーチェーンを他のアカウントから変更・削除する方法を見てください。