相談員Webサイト更新のガイドライン

概要

相談員勤務概要にも書かれているとおり、相談員の方は相談員Webサイト( https://www.sodan.ecc.u-tokyo.ac.jp/ )を編集できます。このページでは、Webサイトを更新(ページの新規作成・更新)する際のガイドラインを示します。

編集するには相談員アカウントでのログインが必要です。WordPressのログイン画面にはBasic認証がかかっているので、説明会で配付されたIDとパスワードを入力してください。その後自分の相談員アカウントでWordPressにログインしてください。Basic認証のIDとパスワードを忘れてしまった場合は、駒場:情報教育棟 1F 業務室、本郷:情報基盤センター 4F 窓口に行ってください。

何を書いて良いのか?

ECCSに関係することであり、一般に公開しても問題のない記事ならば、特に内容は制限されておりません。ちょっとした事でも、他の相談員にも有用だと思われることは、書いておくと後々誰かの役に立つものです。相談員の叡智を結集し、未来への財産としましょう。相談員の皆様の積極的な編集を歓迎します。

記事の分類

編集のガイドライン

WordPressの一般的な使い方は各自調べるか本を読んでください。ここではローカルルールを述べます。

形式的なこと

  • 新しい記事を作る場合は、「FAQ」「ECCS hacks」「相談員向け」のいずれかの種類の投稿として作成する。
    • カテゴリー:FAQ, ECCS hacksではカテゴリーを設定できるので、適切なものを選択する。
    • タグ:ECCSに関する記事には"ECCS2016"のタグを付ける。UTokyo WiFiなどの(情報基盤センターではなく)情報システム本部が提供するサービスに関する記事には"情報システム本部"のタグを付ける。それ以外の記事(一般的なTipsや相談員向けの事務的な内容など)にはタグを付けない。
  • 見出しは見出し2(h2)を使う。小見出しは見出し3(h3)を使う。
  • 外部ページは新しいタブで開くよう設定されている(「リンクを新しいタブで開く」の設定は不要です)。
  • HTMLではなく、Markdown記法で投稿することもできる。

記述内容について

  • FAQの内容は次のようなことを心がけてください。
    • 相談者が自力で読んで理解できる水準で説明する。
    • 相談者の質問を聞いて、相談員がWebページを見たときに素早く「回答」に辿りつけるように編集する。
  • 相談員向けの内容は、相談員が読むものなので、相談員が読んでわかれば十分でしょう。
  • 注意:共通 ID (ログイン時に使う 10 桁の数字) は個人情報です。本文中に書かないように!

英語での記載について

polylangプラグインを利用して,英語版のページを作成できるようになっています.編集ページの「言語」メニューで,usアイコンの右の「+」またはを押すと,英語版に切り替わります.

これはあくまでオプショナルなものです.何よりも,情報提供を優先するポリシーをとります.そのため,英語にtypoが多いなどはあまり気にしなくていいですし,書きたくなければ日本語のみで結構です.

ただし,既に英語版のあるページを更新する場合は,極力,日本語と英語の両方を更新するようにお願いします.

著作権について

相談員は、相談員Webサイトの編集を行った時点で、以下の著作権規定に同意したものとみなします。

  • 相談員Webサイトに投稿された文章・メディア・その他の一切の著作権は、東京大学情報基盤センターに帰属します。
  • Webサイト上での公開、他人の編集による改変、その他について、編集者は一切の著作者人格権を行使しないものとします。
  • 相談員Webサイトの編集により、第三者との権利(著作権その他)の侵害問題を生じさせた場合、当該編集者が責任を負います。
公開日
更新日
編集者
Hiroya Komatsu